廿日市記念病院(広島県)は心を重視したホスピスと総合リハビリテーション病院です  

医療法人社団 清風会 廿日市記念病院

清風会ホームページへ五日市記念病院ホームページへ

ホームトピックス病院の紹介外来のご案内入院のご案内お見舞いの方交通アクセス

文字の大きさ 文字を拡大する 文字を標準に戻す 文字を縮小する

サイト内検索

病院の紹介

ホーム 病院の紹介 各科の紹介 >リハビリ技術科

リハビリ技術科

我々は、“患者様のより円滑な社会復帰に向けた支援をさせていただきます” という考えのもと、生活に密着(直結)したリハビリテーションを重要と考え、訓練室だけでなく、「生活の場」である病棟におけるリハビリテーションに力を入れています。ご家庭に復帰されたときの生活が病棟生活の延長線上にあるようにと考えています。

リハビリ室

リハビリ技術科は、 理学療法部門 作業療法部門 言語療法部門 で構成され、患者様の状態に応じてチームとして支援させていただいております。

生活感を重視するサポート

『早出・遅出勤務』を導入

回復期リハビリテーション病棟において、入院時より日常生活動作のできる限り早い自立を目指し、『早出・遅出勤務』を導入しています。朝起きて朝食を終えるまでのモーニングケアと、夕食を終えて就寝するまでのイブニングケア、これらの時間帯に集中する食事・排泄・更衣・整容等を行っている場面にリハビリとして介入し、困っていることや難しいことを共に考え、練習しています。

また、緩和ケア病棟においても、患者様がより自分らしい人生を送っていただけるよう、関わらせていただいています。

理学療法部門

理学療法では、病気によって衰えた身体機能に対し、運動療法を通じて回復を図ります。

行われる運動の種類や程度は各種疾患によって、また患者さま一人一人によって異なり、目標とするゴールも違ってきます。
当院の回復期病棟では在宅復帰を目標としており、退院に向けた家屋調査を他職種と共に行い、家屋の状況を把握した上で、改修のプランや必要となる訓練を行っていきます。

主な対象疾患

  • 脳血管障害(脳梗塞・脳内出血)
  • 整形術後(大腿骨頚部骨折)

物理療法

温熱・電気など物理的刺激を用いて疼痛の緩和を図ります。当院では主に外来患者さまへ 行っています。

機器トレーニング

運動療法の中で機器を利用し筋力や運動の耐久性を高めます。自転車エルゴメーター、トレッドミルの他、六台のパワーリハマシーンを使用しています。

作業療法部門

作業療法では、その人がその人らしく生活していけることを目標に日常生活動作(食事、入浴、更衣、整容、排泄)を中心としたリハビリを実施しています。
したがって、硬くなった関節を動かしたり、筋力をつけると言った機能訓練だけではなく在宅生活で実践できる動作の獲得を図る為に、家屋調査を行うことで家屋状況を把握し、ご本人だけでなく共に生活していかれるご家族とも在宅での生活スタイル、介助について話し合いリハビリプログラムに役立てています。

家庭用の浴槽
さくらの湯にはリハビリのために家庭用の浴槽があります。

<日常生活動作>

食事・トイレ・更衣・入浴・整容を中心とした動作、特に在宅環境を想定した場所(和室、居室、浴室、トイレ、洗面所)で実践できる能力、方法を考慮して練習しています。在宅に直結できるよう取り組みを行っています。

<家事動作>

一人暮らしの方や家庭の主婦の方の場合、生活をしていく為には日常生活動作だけではなく、家事動作も必要になります。そこで作業療法では作業療法室に設けてある台所での調理・炊事や、洗濯、掃除などの動作の練習を行っています。

<余暇活動>

多種多様な作業(木工、手芸、革細工、籐細工、園芸、ビーズ細工、習字、など)や音楽活動、その方の趣味を活用しながら身体機能の向上や、心理面でのサポートを行っています。

<自助具>

身体に不自由が生じて日常生活が困難になったとき、その困難な部分を補う工夫品、便利用品を作成・提供または選定しています。

<緩和ケア病棟での関わり>

患者様が残された時間を少しでも安心して心地良く、痛みや苦痛がなく過ごすことが出来るように、またご本人らしく過ごすことが出来るようにお手伝いを行っています。その為、患者様やご家族と話し合い、希望に合わせてリハビリの内容を一人一人考えています。

例)日常生活動作訓練、マッサージ、機能訓練、精神的サポート(ご本人、ご家族)、 福祉用具の提供など

言語療法部門

言語療法とは

私たちはことばによってお互いの気持ちや考えを伝え合い、経験や知識を共有して生活をしています。
ことばによるコミュニケーションには言語、聴覚、発声・発音、認知などの各機能が関係していますが、病気や交通事故、発達上の問題などでこのような機能が損なわれることがあります。

言語療法とは、ことばによるコミュニケーションに問題がある方に行う専門的サービスのことです。
言語療法を専門に行なう者を、言語聴覚士(ST=Speech Therapist)といい、自分らしい生活を構築できるよう支援する専門職です。

さらに、言語聴覚士は、摂食・嚥下(食事の飲み込み)の問題にも専門的に対応します。

言語障害の原因

*言語療法の対象となる主な疾患です。

  • 脳卒中(脳梗塞や脳出血など)
  • 特定の神経疾患(アルツハイマー病など)
  • 交通事故などによる脳外傷
  • 小児の疾患(発達遅滞や脳性麻痺など)
言語療法室
言語療法室

これら以外にもさまざまな事が原因となる場合も多くあります。
当院では主に、成人の脳血管疾患による言語障害に対してリハビリをさせていただいております。

言語障害の代表的な症状

  • 失語症    言いたい言葉が出てこない
  • 失語症    相手の言っている言葉が理解できない
  • 構音障害   ろれつがうまく回らない
  • 嚥下障害   食べ物や飲み物でむせやすい
  • 難聴     音が聞こえにくい

当院では主に、失語症や構音障害、嚥下障害、その他高次脳機能障害(記憶や認知の問題)に対してリハビリをさせていただいております。

失語症とは

脳の病気(脳卒中など)で、「聞く」、「話す」、「読む」、「書く」、「計算」が難しくなってしまうものです。
例えば、相手の言っている言葉の意味が分からない、言いたいことをうまく言えない、本に書いてある意味が分からない、自分の名前を書こうと思っても書けない、などの症状があります。

頭に浮かんでもうまく伝えられなかったり、聞いてもうまく膜理解できないことから生じる会話上の問題を軽減できるよう支援させていただいています。

構音障害とは

構音とは私たちが発する“話しことば”を構成している声や発音、韻律を作り出すということを指します。これらは構音器官と呼ばれる、肺・声帯・口唇・舌などが協調して働くことによって成されています。

 この構音器官に関わる大脳や神経・筋肉が障害されることによって、構音器官の運動異常をきたし、呂律が回らない、喋りにくいなどの症状を呈するものを構音障害といいます。

 発音の明瞭度や自然度が低下し、うまく伝えられない場面を減らすよう支援させていただいています。

嚥下障害とは

私たちは、普段当たり前のように飲み物を飲んだり、食べ物を食べたりすることができています。しかし、様々な病気によりそれらができなくなると、窒息や肺炎の発症など深刻な問題につながってしまいます。
さらに、食べれないことで、低栄養・脱水のような更なる病気になり身体へ悪影響をおよぼすことがあります。

食べることは、生命の維持目的の活動とともに人生の楽しみであり、生きる意欲にもつながります。我々は、より安全においしく食べていただけるよう支援させていただいています。

このページの先頭へ

ホームへ戻る

〒738-0060 広島県廿日市市陽光台5-12 電話番号0829-20-2300 メールアドレスhmh@seifu.or.jp

患者さまの権利と義務個人情報の保護に関する基本方針患者さまの個人情報の利用目的についてリンクサイトマップ