五日市記念病院(広島市)は脳神経外科を中心に全身管理のできる急性期救急病院です  

医療法人社団 清風会 五日市記念病院

清風会ホームページへ廿日市記念病院ホームページへ

ホームトピックス病院の紹介外来のご案内入院のご案内お見舞いの方交通アクセス

文字の大きさ 文字を拡大する 文字を標準に戻す 文字を縮小する

サイト内検索

外来のご案内

外来のご案内

診察の流れ

診察案内
(診察日・担当医師)

脳ドックのご案内

血管ドックのご案内

胸部CT・内臓脂肪測定

時間外診療のご案内

病院の紹介

入院のご案内

来院される方へ

デイケア・訪問リハビリテーション

ホーム外来のご案内>大腸CT検査のご案内

大腸CT検査のご案内

短時間で苦痛の少ない新しい大腸の検査を導入しました。

大腸CT検査とは

大腸をガスの注入によって拡張させ、最新のマルチスライスCT装置で撮影することで、 内視鏡検査と同じような画像を作成し、大腸の病気を診断する検査方法です。

大腸CT検査は検査の負担が少なく、精度が高い方法として、有効な大腸の診断方法であることが明らかとなっています。
また、CT検査ですので他臓器(肝臓、胆のう、膵臓、腎臓など)の病気が見つかることもあります。
くわしくは、担当医師にご相談ください。

大腸CT検査の長所

  • ・短時間の検査(15分程度)
  • ・大腸内視鏡検査と異なり、苦痛が少ない。
  • ・内視鏡の挿入が困難な方でも検査が容易。
  • ・他の大腸検査で問題となる大腸穿孔や出血などの合併症が極めて稀。
  • ・臨床的に問題となる5mm以上のポリープにおける十分な診断能力が確認されている。

大腸CT検査の短所

  • ・組織の採取ができないので、異常が指摘された場合は内視鏡検査を受けることが必要。
  • ・CT撮影に伴う放射線による医療被曝がある。

このページの先頭へ

ホームへ戻る

〒731-5156 広島県広島市佐伯区倉重1-95  電話番号082-924-2211 メールアドレスimh@seifu.net

患者さまの権利と義務個人情報の保護に関する基本方針患者さまの個人情報の利用目的についてリンクサイトマップ