五日市記念病院(広島市)は脳神経外科を中心に全身管理のできる急性期救急病院です  

医療法人社団 清風会 五日市記念病院

清風会ホームページへ廿日市記念病院ホームページへ

ホームトピックス病院の紹介外来のご案内入院のご案内お見舞いの方交通アクセス

文字の大きさ 文字を拡大する 文字を標準に戻す 文字を縮小する

サイト内検索

外来のご案内

外来のご案内

診察の流れ

診察案内
(診察日・担当医師)

脳ドックのご案内

血管ドックのご案内

胸部CT・内臓脂肪測定

時間外診療のご案内

病院の紹介

入院のご案内

来院される方へ

デイケア・訪問リハビリテーション

ホーム 外来のご案内 >胸部CT・内臓脂肪測定

胸部CT・内臓脂肪測定

胸部CTについて

胸部CT健診の目的は、肺癌のような悪性疾患、肺気腫、間質性肺炎、あるいは肺結核のように自覚症状があらわれないうちに病変が生じていることもある、隠れた感染症などを早期に発見することです。
また、左右の肺に囲まれた縦隔という部分の病変や、胸部大動脈の異常の有無を調べることも可能です。

胸部健診の主流は胸部レントゲン写真です。一般に胸部レントゲン写真で写る肺は、全体の8割程度といわれ残りの部分は心臓等の後ろに隠れてしまっています。
また、小さな早期肺癌はレントゲン写真では診断が困難とされています。
胸部CT検査では胸部レントゲン写真では捉えることができない初期の肺癌を発見することが可能で、早期の肺癌検査に有効です。

胸部CT

検査について

当院では東芝製のマルチスライスCT装置(320列)を導入しています。

胸部全体の撮像が約5秒の息止め1回で可能です。撮像時に息を十分吸い込み左右両方の肺をよく膨らませることが大事なポイントです。
息の吸い込みが悪いと、正常構造の一部が異常に見えてしまうような場合もありますので、気を付けましょう。

内臓脂肪測定について

内臓脂肪とは腹筋の下につく脂肪で、一見太っていないように見えても実はひそかに脂肪がついているという人もいます。内臓脂肪面積はメタボリックシンドロームの診断基準の一つになっています。

検査について

当院ではCT装置による内臓脂肪測定を行っています。 内臓脂肪専用のソフトを導入しているので、信頼性の高い解析を行うことができます。

検査はおへその周辺に洋服や下着のゴム等がかからないようにした状態でCTによる撮影を行います。検査時間は準備を含めて5分程度です。

このページの先頭へ

ホームへ戻る

〒731-5156 広島県広島市佐伯区倉重1-95  電話番号082-924-2211 メールアドレスimh@seifu.net

患者さまの権利と義務個人情報の保護に関する基本方針患者さまの個人情報の利用目的についてリンクサイトマップ