五日市記念病院(広島市)は脳神経外科を中心に全身管理のできる急性期救急病院です  

医療法人社団 清風会 五日市記念病院

清風会ホームページへ廿日市記念病院ホームページへ

ホームトピックス病院の紹介外来のご案内入院のご案内お見舞いの方交通アクセス

文字の大きさ 文字を拡大する 文字を標準に戻す 文字を縮小する

サイト内検索

病院の紹介

病院の紹介

病院の特色

各科の紹介

施設の紹介

外来のご案内

入院のご案内

来院される方へ

デイケア・訪問リハビリテーション

ホーム 病院の紹介 各科の紹介 >臨床薬剤科

臨床薬剤科

患者さまの治療にあたっては、医師・看護師・その他の医療スタッフがチーム一体となって取り組んでいます。
薬剤師は患者様に最も適した、安全で効果的な薬物療法を行うために医療チームの一員として働いています。

臨床薬剤科の主な業務紹介

外来業務;処方箋監査

当院外来診療においては、医師が診察したあと処方箋を発行し、保険薬局がその処方せんに基づいて薬を調剤するという医薬分業のかたちをとっています。
臨床薬剤科では処方箋発行前に処方箋不備のチェック、内容監査を行っています。

医療の高度化とともに機能分化が進み、現在の医療には様々な専門分野があります。それぞれの専門家がチームワークを組み、協力し合うことでよりよい医療の提供が図られています。
医薬分業も、医師と薬剤師が協力してお薬をより安全に使っていただくための制度です。

薬剤鑑別

他の医療機関で処方されたお薬、薬局などで購入して常用しているお薬があれば教えてください。臨床薬剤科ではそれらのお薬について、薬品名、規格、薬効、成分、当院在庫薬品の有無を調査します。

入院調剤・製剤

処方箋の内容について、飲み合わせ・副作用・量・飲み方などのチェックを行い、患者様一人一人に適した形(一包化、錠剤の粉砕等)で調剤します。また、必要に応じて病院独自の製剤を行います。

服薬説明

ベッドサイドをまわり、患者様が薬を正しく使えるように薬の効果・使い方・注意点などをお伝えします。また、患者様からのお薬に関するご相談にも応じます。 退院時には、お薬説明書の配付も行います。

薬歴管理

複数の診療科にかかっている場合、それぞれの処方が適切であっても一緒に使うと相互作用が起こる可能性があります。このようなことを未然に防ぐため患者様毎に薬歴を作成し、薬物療法の情報を集約・管理します。

注射薬の調剤

処方せんの内容について、投与量・経路・速度・期間などのチェックを行い注射薬の調剤を行います。注射薬の中には、混合すると濁ったり薬の効力が落ちることがあるのでこれらについて事前にチェックします。

医薬品情報の管理と提供(DI業務)

薬にとって、それに関わる『情報』は非常に大切で必要不可欠なものです。数多くある薬の効果や副作用の情報を収集し管理しています。薬の知識や最新情報を医師や看護師などに提供し、治療の現場を支えています。

業務内容

  • 薬品情報の収集・整理・保存
  • 質疑に対する情報提供
  • 院内医薬品集の作成
  • 院内向け情報誌(DIニュース)の発行
  • 薬剤審議会の資料作成

医薬品の管理と供給

病院内において、医薬品の購入と保管そして各部署への供給と一貫した管理を行います。特に品質の管理(温度、湿度、光)には万全を期しています。

さらに、血液を原料とする医薬品については、製造番号や使用した患者様、投与量等を10年間にわたって管理します。03年7月から特定生物由来製品については20年保存が義務付けられました。

臨床薬剤業務

従来、薬剤師の業務は薬局内で調剤を行うという技術面の印象で理解されてきました。
しかし医療の細分化・専門化を背景とした、薬に対する薬剤師の責任の拡大や、患者様側の薬に対する関心の高まりをうけて、薬剤師がベッドサイドおよび病棟全体での薬剤管理と情報を提供するという専門職能を活かす対応をするよう になってきました。

当院においても平成7年12月より一般病棟での服薬指導を開始し、病棟活動を行っています。
当院薬剤科では医療チームの一員として、服薬指導のみならず先にあげた調剤、情報提供、薬歴管理、薬効管理等が複雑に絡み合った特徴ある業務を臨床の現場、すなわち病棟において展開しています。

また、以下の業務も臨床薬剤業務に含まれると考えています。

薬剤カウンセリング
入院患者さまの疾患、症状、その他の医学的問題点の把握はもちろんのこと、処方薬剤や常用薬などの服薬状況や薬物療法施行上の問題点、その他患者様周辺の状況を充分に把握しながら薬剤カウンセリングを推進しています。
薬物療法の評価と情報提供
副作用チェック、相互作用のチェック、薬効の評価などにより薬剤適正使用情報を提供し、薬剤処方作成の支援を行っています。
服薬の理解
お薬の用法・用量、保管、疾患と服薬の意義、予想される副作用とその対応、のみ忘れ時の対処法など、正しい薬の使用法を患者樣に理解実践していただくことで薬の効果を最大限に発揮し、副作用は最小限に抑えることを狙っています。
QOLの改善
患者樣のQOL改善のための薬剤情報提供や副作用のチェックを行い、種々の薬剤のスムーズな導入を図っています。
医療過誤防止
患者さんのみならず、医療スタッフへの臨床的医薬品情報の提供により過誤の防止に努めています。
院内感染対策
病棟及び各診療科の現場において、消毒の実施、抗生物質の適正使用などを推進します。
腎機能障害患者における医薬品適正使用への取り組み
入院患者様の血液検査において、血清クレアチニンが一定の異常値を示す患者様について検査科が薬剤科に報告するシステムを構築、報告された患者様については腎障害時における薬剤使用のチェックを行っています。
処方箋記載事項追加への取り組み
種々の薬剤には添付文書上、それぞれ投与期間や投与時間に制限があったり、使用方法に注意を要するものがあります。当院の発行する処方箋にはそういった特定の薬剤に対しては注意を喚起する言葉が自動で打ち出されます。これにより、処方箋に関わる医療スタッフの意識が高まり、医薬品の適正使用につながると考えています。

記載内容一覧

@投与期間設定のある薬剤(内服薬) 処方箋上に投与開始日の記載

商品名 投与期間 病名など
オメプラール錠20 7日間 ヘリコバクター・ピロリの除菌の補助
6週間まで 十二指腸潰瘍
8週間まで 胃潰瘍,吻合部潰瘍,逆流性食道炎
アリセプト3mg 3 mg/日投与は有効用量ではなく,消化器系副作用の発現を抑える目的なので,1〜2週間を超えて使用しない 軽度及び中等度のアルツハイマー型痴呆における痴呆症状の進行抑制
タケプロンカプセル30 7日間 ヘリコバクター・ピロリの除菌の補助
6週間まで 十二指腸潰瘍
8週間まで 胃潰瘍,吻合部潰瘍,逆流性食道炎
ティーエスワンカプセル25 28日間連日経口投与し,その後14日間休薬する。これを1クールとして投与を繰り返す。 胃がん,頭頸部がん
パリエット錠20mg 6週間まで 十二指腸潰瘍
8週間まで 胃潰瘍,吻合部潰瘍,逆流性食道炎
パナルジン錠100mg 投与開始後2カ月間は,原則として1回2週間分を処方する 本剤による重大な副作用を回避するため,患者を来院させ,定期的な血液検査を実施する必要がある
バルトレックス錠500 5日間 単純疱疹
7日間 帯状疱疹
ゾビラックス錠400 5日間 単純疱疹
7日間 帯状疱疹
ゾフラン錠4 1クール3〜5日間 抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心,嘔吐)

A投与期間設定のある薬剤(注射薬) 処方箋上に投与開始日の記載

商品名 投与期間 病名など
オメプラール注用20 7日間を超える使用経験はない (1)経口投与不可能な次の疾患:出血を伴う胃潰瘍,十二指腸潰瘍,急性ストレス潰瘍及び急性胃粘膜病変
(2)経口投与不可能なZollinger-Ellison症候群
アラセナ-A 10日間 単純ヘルペス脳炎
5日間 免疫抑制患者における帯状疱疹
注射用エラスポール100 投与期間は14日以内 全身性炎症反応症候群に伴う急性肺障害の改善
ファーストシン静注用1g 投与期間は,原則として14日以内  
パズクロス注500 原則として14日以内  
ラジカット注30mg 投与期間は14日以内 脳梗塞急性期に伴う神経症候,日常生活動作障害,機能障害の改善
ウロキナーゼコーワ注60,000 約7日間 (1)脳血栓症(発症後5日以内で,コンピュータ断層撮影において出血の認められないもの)
約7日間 (2)末梢動・静脈閉塞症(発症後10日以内)
エリル注S 2週間投与 くも膜下出血術後の脳血管れん縮及びこれに伴う脳虚血症状の改善
注射用カタクロット20mg 2週間持続 (1)クモ膜下出血術後の脳血管れん縮及びこれに伴う脳虚血症状の改善
約2週間 (2)脳血栓症(急性期)に伴う運動障害の改善
ソルダクトン200mg 原則として2週間を超えない  
デキストセランR 5日以内  
注射用マキシピーム1g 投与期間は,原則として14日以内  
ヒルトニン2mg注射液 10日間 遷延性意識障害

B添付文書上投与時間が定められている薬剤 処方箋上に投与時間の記載

商品名 投与時間 病名など
注射用エラスポール100 24時間かけて持続静注 全身性炎症反応症候群に伴う急性肺障害の改善
パズクロス注500 30分〜1時間かけて投与  
ホスミシンSバッグ2g点滴静注用 1〜2時間かけて点滴静注  
ラジカット注30mg 30分かけて 脳梗塞急性期に伴う神経症候,日常生活動作障害,機能障害の改善
塩酸バンコマイシン点滴静注用0.5g 60分以上かけて点滴静注  
カルベニン点滴用0.5g 30分以上かけて  
注射用プロスタンディン 静注は2時間かけて  
ロセフィン静注用1g 30分以上かけて投与する  
アラセナ-A 輸液500 mL当たり2〜4時間かけて 単純ヘルペス脳炎免疫抑制患者における帯状疱疹
イントラファット注10% 200mLを72分以上かけて静注 次の場合における栄養補給:術前・術後,急・慢性消化器疾患,消耗性疾患,火傷(熱傷)・外傷,長期にわたる意識不明状態時

Cフィルターを透過させてはいけない薬剤 処方箋上にフィルター禁の記載
※フィルターを透過してはいけない薬剤は血液製剤、脂肪乳剤、コロイド製剤の三種類

商品名 フィルター使用の可否 理由
アンスロビンP フィルター禁 血液製剤
イントラファット注射液 フィルター禁 脂肪乳剤
献血アルブミン20"化血研" フィルター禁 血液製剤
献血グロベニン-I フィルター禁 血液製剤
1%ディプリバン注 フィルター禁 脂肪乳剤
パルクス フィルター禁 脂肪乳剤
フェジン フィルター禁 コロイド
プラスマネート・カッター フィルター禁 血液製剤

D酸性・アルカリ性の強い薬剤 処方箋上に酸性・アルカリ性の記載
※基本的に酸性の強い薬剤とアルカリ性の強い薬剤は混ぜない

商品名 液性 理由
フェノバール アルカリ性 pH9.0〜11.0 pH8.3以下で結晶析出
アミノフィリン アルカリ性 pH8.0〜10.0 pH7.3以下で針状結晶析出
プロメデス注射液 アルカリ性 pH8.0〜9.5 pH6.3以下で白濁
アレビアチン注射液 アルカリ性 pH12.0 pH10.7以下で結晶析出
ビソルボン注射液 酸性 pH2.2〜3.2 pHが約4.7に移動すると白濁
アタラックスP 酸性 pH3.0〜5.0 pH6.3以上で白濁

E添付文書上投与方法が定められている薬剤 処方箋上に投与方法の記載

商品名 投与方法
イミグラン注3 皮下注
コントミン筋注25mg 筋注
精製ツベルクリン 皮内
メナミン筋注 殿筋注
ユベラ注 筋注
エルシトニン注20S 週1回筋注

F遮光する薬剤 処方箋上に「遮光」の記載

◆ランダ注
◆ジアイナミックス
◆ケーフィ
◆オーツカMV
◆メチコバール注射液500

Gその他

商品名 処方箋記載
注射用エラスポール100 原則単独ルート
点滴用キシロカイン10% 点滴専用
パズクロス注500 原則単独ルートで
注射用エフオーワイ 原則単独ルートで
エレメンミック注 単独シリンジで採取

このページの先頭へ

ホームへ戻る

〒731-5156 広島県広島市佐伯区倉重1-95  電話番号082-924-2211 メールアドレスimh@seifu.net

患者さまの権利と義務個人情報の保護に関する基本方針患者さまの個人情報の利用目的についてリンクサイトマップ